ニキビをなくそう

手を握る

ニキビ跡と一口にいっても、その状態はさまざまです。大きく分けて、ニキビ跡が赤みを帯びている状態、ニキビ跡の色素が沈着してしまった状態、ニキビ跡が凸凹している状態などがあげられます。これらの状態に応じて、適切な治療法も変わってきます。 手軽な方法としては、市販の薬を購入する方法があります。各メーカーがニキビのタイプに応じた薬や基礎化粧品の販売を行っています。 また、クリニックで相談する方法もあります。美容皮膚科や美容外科などを中心として、治療が行われています。 その他、エステサロンでもニキビ跡対策のケアを提供しているものがあります。エステサロンでは、手頃な価格でキャンペーンが行われている場合もあります。

ニキビ跡をケアする市販の商品としては、化粧水やクリーム、洗顔料などが販売されています。保湿や美白効果の高い商品を選ぶことで効果が期待できます。 クリニックでは、ニキビのタイプに応じて、塗り薬やレーザー治療などを選択します。赤みのあるニキビでは、ハイドロキノンの塗り薬や、赤みに吸収される「Vスターレーザー」などを用いて治療が行われます。色素が沈着した場合には、メラニンとヘモグロビンに反応する光治療器の「フォトシルクプラス」を用いる場合もあります。凹凸のあるニキビでは「フラクショナルco2レーザー」やコラーゲン注入などの治療が行われます。 また、エステサロンでは、光フェイシャルやイオンパックなど、角質や毛穴対策のケアを提供しています。